メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

異例反論「人権侵害ない」 小保方氏番組でBPO

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長=坂井真弁護士)は10日、STAP細胞論文問題を検証したNHKの特集番組が、小保方晴子・元理化学研究所研究員の名誉を毀損(きそん)する人権侵害があったとして、再発防止に努めるよう勧告した。

 NHK広報局は「真摯(しんし)に受け止めるが、番組は、関係者への取材を尽くし、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したもので、人権を侵害したものではない」とのコメントを出した。人権侵害を認めた勧告は同委員会では最も重い判断で、勧告への反論は異例。

 番組は2014年7月に放送された「NHKスペシャル 調査報告 STAP細胞 不正の深層」。委員会は、小保方元研究員が不正に入手した細胞を使って、STAP細胞を作製した疑惑があると視聴者に受けとめられる内容だったと認定。具体的な証拠が示されておらず、「真実性・相当性が認められない」として名誉毀損の人権侵害を認めた。名誉毀損ではないとする委員2人の少数意見も合わせて公表した。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです