メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都圏連続不審死

木嶋佳苗被告の上告審で弁論、結審

 2009年の首都圏連続不審死事件で男性3人に対する殺人罪などに問われ1、2審で死刑となった木嶋(土井に改姓)佳苗(かなえ)被告(42)の上告審弁論が10日、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)であった。弁護側は「被害者が自殺した可能性が高い」などと無罪を主張。検察側は「1、2審に誤りはない」と上告棄却を求めて結審した。判決期日は後日指定される…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです