メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆掻き

伝承へ挑戦続く 全国唯一の職人の下で2年目 弟子の新岡さん奮闘 田子 /青森

修業を始めて2年目の新岡恭治さん(右)と中畑文利さん=田子町で

 漆の木から樹液を採るための「漆掻(か)き」道具を作る全国で唯一の鍛冶職人・中畑文利さん(73)=田子町=の後継者として、新岡恭治さん(40)が修業を始めて2年目に入った。国の「地域おこし協力隊」制度を活用し、同町の非常勤特別職として採用されたのが2015年12月1日。同協力隊員の任期は最長3年とされ、新岡さんは残りの約2年間で、師匠の技を一つでも多く習得しようと挑戦を続けている。【塚本弘毅】

 新岡さんは中泊町出身。弘前市の「二唐刃物鍛造所」で約10年間、包丁製作などに従事していた。初めて飛…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです