メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全京都小学生お話コンクール

自分の言葉で堂々と 東山 /京都

学年別の最優秀賞に輝き、林忠行・京都女子大学長(左)から賞状を受け取る児童=東山区の京都女子大で、礒野健一撮影

 子どもたちが自分の言葉で考えを発表する「第58回全京都小学生お話コンクール」(京都女子大主催、毎日新聞京都支局など後援)が11日、京都市東山区の京都女子大であった。府内18校の1~6年生75人が出場し、学年ごとに分かれ審査員の前で5分間、表情豊かに自分の思いをスピーチした。

 同コンクールは1959年創設。子どもたちは「かぞくのこと」「ともだちのこと」「こころにのこっていること」「しょうらいのゆめ」の4つからテーマを選び、自身の体験や考えを原稿なしで発表する。審査では話の構成力のほか、表情や声の抑揚などの表現力も重視している。

 表彰式では、林忠行・京都女子大学長が「人前で自分の気持ちを話すことは難しいですが、大人になってから…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです