メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全京都小学生お話コンクール

自分の言葉で堂々と 東山 /京都

学年別の最優秀賞に輝き、林忠行・京都女子大学長(左)から賞状を受け取る児童=東山区の京都女子大で、礒野健一撮影

 子どもたちが自分の言葉で考えを発表する「第58回全京都小学生お話コンクール」(京都女子大主催、毎日新聞京都支局など後援)が11日、京都市東山区の京都女子大であった。府内18校の1~6年生75人が出場し、学年ごとに分かれ審査員の前で5分間、表情豊かに自分の思いをスピーチした。

 同コンクールは1959年創設。子どもたちは「かぞくのこと」「ともだちのこと」「こころにのこっていること」「しょうらいのゆめ」の4つからテーマを選び、自身の体験や考えを原稿なしで発表する。審査では話の構成力のほか、表情や声の抑揚などの表現力も重視している。

 表彰式では、林忠行・京都女子大学長が「人前で自分の気持ちを話すことは難しいですが、大人になってから…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです