メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

日米首脳会談 厚遇の次に待つものは

[PR]

 「米国第一」を唱え国際協調に背を向けかねないトランプ米大統領とどういう日米関係を築いていくか、日本外交の難しい挑戦が始まった。

 安倍晋三首相がワシントンを訪れ、トランプ氏の就任後初めての会談を行った。

 自由貿易や日米同盟の重要性が再確認され、沖縄県・尖閣諸島が米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象であることが共同声明に明記された。

 日本側は、これまでのトランプ氏の発言から不安がぬぐえなかったが、両国関係は順調に滑り出したように見える。

日本を満足させた声明

 経済と安全保障の二つが中心議題になったが、懸念されたのが経済分野だった。

 日米経済について、共同声明は「自由で公正な貿易のルールに基づいて、日米と地域の経済関係を強化する」とうたった。

 焦点の自動車問題について、首相は日本企業の現地生産と雇用創出の実績を説明し、トランプ氏は米国への投資を歓迎した。日本側が心配していた為替に関しては、円安誘導との批判はなかったという。

 トランプ氏は日本の自動車貿易や為替政策を問題視していたが、ひとまず抑制的に振る舞ったようだ。

 また、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領のもとでの経済対話創設で合意した。日米の利害がぶつかりやすい経済分野は閣僚級の実務協議に委ねる。提案した日本にとっては、過激な発言を繰り返すトランプ氏の関与を薄められる仕組みだ。

 一方、安全保障分野は「揺らぐことのない日米同盟」とのメッセージを強調したうえで、尖閣への安保条約適用や、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発で米国が同盟国の防衛に完全に関与することを確認した。

 首相への厚遇ぶりも異例だった。

 両首脳は会談後、大統領専用機に同乗してトランプ氏の別荘があるフロリダ州に移動した。ゴルフを楽しみ、2夜続けて夕食をともにする。

 今回の首相訪米は、トランプ氏との間で日米関係の重要性を再確認するのが主目的だった。その意味で、共同声明は日本側にとっておおむね満足いく内容となった。

 ただし、これからさまざまな場面で譲歩を迫られることとセットになる可能性もある。先に日本が取りたいものを与え、米側の要求を拒めなくする戦術かもしれない。

 経済では、トランプ氏は2国間の通商協定に意欲的だ。離脱を表明した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)のような多国間交渉よりも、米国の圧倒的な経済力を盾に相手の譲歩を引き出しやすいからだ。

 日本は2国間交渉に否定的だが、頭から拒むわけにいかなかった。経済対話の議論が進むにつれ、交渉入りを迫られる場面も予想される。

 トランプ氏が前面に乗り出し、日本に自動車や農産物で一方的な市場開放要求を突きつけかねない。

 日本に必要なのは、理不尽な主張にはきちんと対抗していくことだ。

 多国間の貿易・投資で高水準の自由化を図るTPPの意義も粘り強く説いてほしい。

 尖閣諸島への安保条約適用についても、米国が明言したからといって、日中間で尖閣をめぐる武力衝突が起きた場合、米国が必ず対日防衛義務を果たすとは限らない。

「対米追随」では危うい

 また、トランプ氏から尖閣への安保適用という言質を取ったことで、日本が通商交渉で米国の無理な要求を受け入れるようでは困る。

 在日米軍の駐留経費の負担問題は取り上げられなかったが、今後、防衛費の増額などの形で「応分の負担」を求められる可能性もある。

 米中関係の行方も気になる。首相の訪米にあわせるように、トランプ氏と中国の習近平国家主席の電話協議が行われ、米国は、台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」政策を維持する考えを伝えた。

 それ自体は前向きな動きだが、トランプ政権が日本と中国を競わせるようにして、自国に有利な条件を引き出そうとするかもしれない。

 日米で中国に対抗すると思い込んでいたら、米中関係を正確に認識することができない。日本は中国との関係改善に積極的に動くべきだ。

 自国の安全保障を米国に依存する日本は、「対米追随」と批判されながらも、その路線を歩んできた。

 それでも米国が、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった共通の価値観に基づいて国際社会を主導しているうちは、矛盾は表れにくかったかもしれない。

 だがトランプ政権は、そういう価値観を必ずしも重視していない。

 イスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令について、首相が共同記者会見で「内政問題なのでコメントは差し控えたい」と語ったのは残念だ。国際社会の問題であり、メッセージを発信すべきだった。

 「揺らぐことのない日米同盟」を確保するため、ただトランプ氏にすり寄るだけでは、日本は国際社会からの信頼を失いかねない。

 日本は、米国が内向きにならず、国際協調に関与し続けるよう、つなぎ役を果たす責任がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです