メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蛭子さんの自由が一番

五輪に絵で参加するなら=蛭子能収

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2020年、夏季オリンピック・パラリンピックは東京に決定しました。財政力と良好な治安、都市基盤の面でトルコのイスタンブールを破って決定したそうです。今は17年なので、あと3年後に、いろんな国から選手たちが東京にやってくるわけです。

 16年のオリンピックはブラジルのリオデジャネイロで行われ、もう終わりました。その年の4月、募集されていたオリンピックの公式エンブレムが、市松模様の、ちょっとまねできないような複雑なデザインのものに選ばれましたね。

 15年の夏は、誰かが描いたデザインが誰かのに似てるなんて、結構ザワついていました。

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです