メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『歌の子詩の子、折口信夫』=持田叙子・著

 (幻戯書房・3024円)

 ◆持田叙子(のぶこ)著

感性と知性の軸に詩歌

 折口信夫(おりくちしのぶ)が亡くなって半世紀をはるかに超えるが、その評価はいよいよ高い。国文学、民俗学の領域においてはもちろん、文芸批評の対象としても論じられ続けている。

 釈〓空(しゃくちょうくう)は折口の詩歌におけるペンネームだが、一目瞭然、法名である。折口は一生、法名をペンネームとし続けたわけで、その背後に、少年時代の恋愛が潜むことを論じたのが富岡多惠子の『釋〓空ノート』(二〇〇〇)だった。恋愛の相手は新仏教運動に身を投じていた九歳年上の僧侶・藤無染(ふじむぜん)。むろん同性愛である。この富岡の衝撃作の延長上、折口を新仏教運動とのかかわりを含めて雄大なスケールで論じたのが安藤礼二の大著『折口信夫』(二〇一四)である。

 その後に、本書『歌の子詩の子、折口信夫』が続く。文字通り、詩歌における折口を扱っていて、時代の思想…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです