メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

政府「米韓と連携し対応」 NSC開催

北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射したことを受け、記者会見する菅義偉官房長官=東京都千代田区で2017年2月12日、竹内紀臣撮影

 菅義偉官房長官は12日午前、記者会見を行い、「午前7時55分ごろ、北朝鮮西岸より弾道ミサイルが発射され、日本海に落下したとみられる」と発表した。落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)内ではないという。菅氏は「日米首脳会談が行われた直後に発射し、我が国や地域に対する明らかな挑発行為だ」と非難。北京の日本大使館のルートを通じ、北朝鮮に対して厳重に抗議したことを明らかにした。

 ミサイルは北朝鮮西岸から東方向の約500キロ先に落下したとみられる。現在のところ、航空機や船舶への被害の情報は確認されていない。北朝鮮のミサイル発射は昨年10月20日以来で、今年に入ってからは初めて。日米首脳会談の後に発表した共同声明で、北朝鮮に対し、核・弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう強く求めたばかりだった。

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです