子どもの貧困

教員5割が痛感 山梨県内のNPOアンケ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
子どもの貧困への対応は
子どもの貧困への対応は

 山梨県南アルプス市のNPO法人は「子どもの貧困」をめぐり県内の小、中学校教員に尋ねたアンケート結果をまとめた。5割は「子どもが貧困状態にあると感じたことがある」と答え、教育現場の課題になっていることを改めて印象づけた。ただ「学校が対応できた」との回答は約3割にとどまり、十分に手を差し伸べられていない現状を浮き彫りにした。【藤河匠】

 アンケートは「フードバンク山梨」が昨年9月29日~10月20日に実施した。子どもの支援活動で関係の深い小中学校に、アンケート用紙を送った。計212人の教員のうち153人(回収率72%)から有効回答があった。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文802文字)

あわせて読みたい

注目の特集