台湾

夜空に舞い上がるオレンジ色 ランタンフェス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台北日本人学校の子供たちが制作に参加した大きなランタンを含め、願い事が書かれたランタンが次々と夜空に飛んでいった=台湾新北市平渓で2017年2月11日、鈴木玲子撮影
台北日本人学校の子供たちが制作に参加した大きなランタンを含め、願い事が書かれたランタンが次々と夜空に飛んでいった=台湾新北市平渓で2017年2月11日、鈴木玲子撮影

 【平渓(台湾北部)鈴木玲子】台湾北部・新北市平渓の広場で11日夜、春節(旧正月)時期の風物詩であるスカイランタンフェスティバル(天灯節)が行われた。冬の夜空にオレンジ色のランタンが次々と舞い上がり、幻想的な世界が広がった。日本からも多くの観光客が訪れた。

 今年は、台北日本人学校(台北市、重山史朗校長)と地元・十分小学校の児童たちが共同で、高さ約6メートルの大きなランタンに日本と新北市の名所をそれぞれ描いた。日本人学校では小学6年生の子供たちが富士山や東京・浅草寺…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集