旭川永嶺高吹奏楽部

踊って演奏「メタルダンプレ」が人気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道旭川市の旭川永嶺高吹奏楽部が、海外でも人気の高い女性3人組ユニット「BABYMETAL」の重厚で激しい曲を踊りながら演奏する「メタルダンプレ(ダンス&プレー)」に挑戦している。動画サイトなどで人気を集め、17日には相模原市で初の道外ライブも開かれる。

 レパートリーは「ギミチョコ!!」など10曲。普段はパーカッション、ホルン、サックス担当の3人が“踊り手”となり、他の部員が大きく体を揺らしながらメタルロックを奏でる。顧問の吉川和孝教諭(49)によると、学校の吹奏楽でこのジャンルの曲を取り上げるのは珍しいという。

 同校は旭川凌雲、旭川東栄の2校が再編統合され昨年4月に開校した。吉川教諭は「それぞれの伝統を引き継ぎながらも、新しいことを」と考えていたときにBABYMETALの動画を見て「ダンスが工夫され、凝っている」とほれ込んだ。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文673文字)

あわせて読みたい

注目の特集