メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 グリーソンズ・ジム(米国・ニューヨーク) 夢追い続けるボクサー

グリーソンズ・ジムでトレーニングに汗を流す女性ボクサーのマクラウドさん(左)=ニューヨーク・ブルックリンで、田中義郎撮影

 米俳優クリント・イーストウッドが監督、主演し、2005年にアカデミー賞の作品賞など4部門を受賞した映画「ミリオンダラー・ベイビー」。家族から愛情を注がれることなく、孤独に生きてきた、米女優ヒラリー・スワンク演じるマギー・フィッツジェラルドと、イーストウッド扮(ふん)するボクシングジムのオーナー兼トレーナー、フランキー・ダンの深い絆を描いた物語だ。「私にはこれしかない」と、フィッツジェラルドは自らの人生をボクシングに懸け、世界チャンピオンを狙えるまで力をつけていく。

 その撮影の舞台の一つが、ニューヨーク・ブルックリンにあるボクシングジム「グリーソンズ」だ。1937年にボビー・グリーソン氏によって、ブロンクスに設立された。元ヘビー級世界王者のムハマド・アリやラリー・ホームズ、マイク・タイソンらそうそうたる顔ぶれが汗を流した名門ジム。マンハッタン、ブルックリンと移転し、昨年11月には大家側の事情で同じブルックリン内の別の場所に移った。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです