メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

トランプ政権揺さぶりか 早期交渉狙う

 【北京・西岡省二】北朝鮮が日米首脳会談に照準を合わせて弾道ミサイルを発射したのは、新たな日米関係のスタート時点で自国の核・ミサイルの脅威を植えつけることで、トランプ政権を揺さぶる狙いがあるとみられる。米国はオバマ前政権が北朝鮮との対話を拒んできた経緯があり、北朝鮮としてはトランプ政権が自国にどう向き合うか注視してきた。トランプ大統領に北朝鮮問題の重要性を強く認識させ、早期に交渉のテーブルに引き込む狙いがあったのは間違いない。

 国営朝鮮中央通信は「核弾頭装着が可能な弾頭部分の分離後、(大気圏に)再突入の際の姿勢操縦(制御)などを検証」と伝えたうえ「周辺国の安全を考慮して、射程を縮める代わりに高度を上げる高角発射方式で試射した」との立場を前面に押し出した。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです