メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里関、喜びと決意 水戸でトークショー、祝賀会 /茨城

東山魁夷の大作を鑑賞する稀勢の里関=水戸市千波町の県近代美術館で(代表撮影)

 大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里関が12日、水戸市千波町の県近代美術館で開催中の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を見学した。関連のトークショーにも出席し、集まった約700人のファンを前に「こんなにたくさんの人に激励されるとは夢にも思わなかった。春場所でも成績を残さないといけない」と決意を述べた。

 トークショーでは、失明しながら6度目の渡航で日本に到達した唐招提寺の開祖・鑑真に触れ、「時間がかかってもやり遂げることは自分も学ばなきゃいけない」と語った。最後は「もっともっと稽古(けいこ)して、もっともっと強くなって、また県民の皆様にいい報告ができるように一生懸命頑張りたい」と結んだ。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです