私設図書館

深夜まで明かり 学生の街で40年以上 田中さん、左京の民家で開設 利用者「ノート」通じ交流も /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
私設図書館の内部。本棚には、寄贈された本の中からオーナーの田中厚生さん(左)が厳選した本が並ぶ=京都市左京区で、岡崎英遠撮影
私設図書館の内部。本棚には、寄贈された本の中からオーナーの田中厚生さん(左)が厳選した本が並ぶ=京都市左京区で、岡崎英遠撮影

 京都市左京区の京都大から今出川通沿いを東へ。哲学の道の方向に進むと「私設図書館」という看板を掲げた古い白壁の建物がある。どこか洋館の趣を感じさせる建物は、読書にふける人、試験勉強に励む学生らに愛される知る人ぞ知る図書館で、40年以上続いているらしい。外からは内部をうかがい知れないが、玄関脇には「読書・勉学・思索する人を深く敬愛する」のメッセージ。その言葉に背中を押され、訪ねた。【岡崎英遠】

 館内は、しんと静まりかえり、ペンを走らせる音と紙をめくる音だけがかすかに聞こえる。室内には仕切り付きの机が並び、黙々と勉強に励む学生もいれば、リラックスした表情で本棚の本や雑誌、新聞を読む人の姿も。

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1198文字)

あわせて読みたい

注目の特集