メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

資金流出の歯止め策と中国人民元=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 昨年5月、中国共産党の経済部門幹部とされる「権威人士」を名乗る人物のインタビューが人民日報に掲載された。そこで明らかなように、資源配分の改善がなければ成長の成果は得られず、構造改革は回避できないとの認識は中国の指導者の中に浸透する。

 しかし現実には、対外的関与についての統制強化が相次ぐ。中国の経済人が人民元安は不可避と判断して資産の対外移転を急ぐからだ。このため当局は個別の海外資産取得を厳しく抑制する。10億ドル以上の案件を精査し、昨年1年間で30件を無効とした。そして合計金額は750億ドルとなり、前年の100億ドルを大きく上回ったとフィナンシャル・タイムズ紙は報じた。

 こうした資金流出規制にもかかわらず、中国の外貨準備は1月末に2兆9982億ドルとついに3兆ドルの大…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです