メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

湯川秀樹と短歌=酒井佐忠

 湯川秀樹は研究生活の傍らで短歌に親しんでいた。日本人で初めてノーベル賞を受賞した物理学者と短歌文芸との関係はどこにあったのか。歌人の松村由利子の新著『短歌を詠む科学者たち』(春秋社)は、余り知られていない短歌を愛した科学者たちの姿を詳しく教えてくれる。

 湯川博士は、子供のころから家にあった万葉集や西行の山家集などに親しみ、自然に短歌を作り始めたのは旧制中学のころだという。生前、私家版の歌集一冊を出し、約500首を残した。<深くかつ遠くきはめん天地(あめつち)の中の小さな星に生れて>。「物理学に志して」という詞書(…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです