メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ・WBC侍たちの春

増井、第2先発の男/宮西、左封じ任せろ

先発、救援の経験を買われ、第2先発投手として期待される増井

 日本ハム・大谷のWBC辞退の衝撃は大きかったが、同僚の2投手が「大谷の分まで」の意気込みで侍ジャパンにはせ参じる。

 まずは増井。役割は主に「第2先発」だ。球数制限のあるWBCでは、2番手投手は単なる中継ぎではなく、時に長いイニングを投げて試合を作らなければならない。一昨年に39セーブ、昨季は先発中心で10勝を挙げた経験の幅広さを、小久保監督は評価した。

 増井の準備も順調だ。WBC公認球への対応は「ほぼ思い通りに投げられている」と万全。「WBCに出られ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです