メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・豊中の国有地

売買価格 法人理事長「国が示した額」

 大阪府豊中市の国有地を学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に売却した近畿財務局が、価格をいったん非開示にした問題で、法人の籠池泰典理事長が13日、毎日新聞の取材に応じた。国有地に埋まったごみの撤去費用を大幅に差し引いて売買されたことについて、籠池理事長は「価格は国が示したもので、便宜を受けたことは一切ない」と述べた。

 この土地(約8770平方メートル)には、4月に小学校が開校する予定。近畿財務局は昨年6月、鑑定額の9億5600万円から、地下に埋まったごみの撤去費用約8億円を差し引いた1億3400万円で売却した。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです