メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリン米大統領補佐官

辞任 ロシア対応疑惑、政権に打撃

マイケル・フリン氏=AP

 【ワシントン大前仁】米ホワイトハウスは13日、フリン米大統領補佐官(安全保障問題担当)が辞任したと発表した。フリン氏は昨年末、駐米ロシア大使と電話で協議し、対露制裁解除について話していた疑いが持たれていた。対露関係の改善を目指していたトランプ政権にとって大きな打撃になるとみられる。

 米CNNテレビによると、退役軍人(陸軍中将)のキース・ケロッグ氏が当面、フリン氏の代行を務めることになるという。

 電話協議したとの疑惑が浮上した後、フリン氏が制裁については話さなかったと弁明したことから、ペンス副大統領がテレビ番組で擁護していた。そのため、フリン氏が政権内でも虚偽の説明をしていたのではないかと問題視されている。電話で協議した当時は政府職員でなかったフリン氏が外国政府と交渉したとして、連邦捜査局(FBI)が捜査を続けている。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです