函館どつく

今年最初の進水式…貨物船、しぶきあげ海へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
進水式で斜面を滑り下りる新造船=北海道函館市で
進水式で斜面を滑り下りる新造船=北海道函館市で

 北海道函館市の函館どつく函館造船所で13日、今年初めての新造貨物船(2万1550トン)の進水式があった。船を支えるロープが切断されると船体がゆっくりと斜面を滑り下り、白いしぶきをあげて海に浮かんだ。見守った市民約250人が迫力ある進水に歓声をあげていた。

 新造船は木材などを運ぶ全長約180メートル…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文256文字)

あわせて読みたい

ニュース特集