メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌市

職員が入札偽装、6人処分…受注業者に不正依頼

 札幌市は13日、2014、15年に結んだ市円山動物園の業務契約2件で、同園の複数の職員が実際には行っていない指名競争入札を実施したように装っていたと発表し、関係職員6人を減給などの懲戒処分とした。

 契約はモンキーハウス修繕などと、アフリカゾーン柵取り付けなど。書類上は指名競争入札で、市内の同じ金属加工会社が落札したことになっている。

 市によると、アフリカゾーンは担当の40代の男性職員が受注会社の男性社員(当時)に他の4社から337…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです