メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中嶋しゅう 芝居は観客との会話 「炎 アンサンディ」に出演

俳優の中嶋しゅうさん=内藤絵美撮影

 ダンディーなたたずまい。が、カメラを前に表情を硬くした。「あがり性なんだよ。それを聞くとみんなびっくりするけど」。古典から現代劇まで、円熟味を増した演技で存在感を放つ中嶋しゅうが、意外な面を明かした。「舞台の袖に30分くらい前に行って、覚悟を決めないとだめ。『やるしかない、やるしかない』って思ってる」

 心に留めているのが、森繁久弥に言われた言葉。「ドキドキしなくなったら終わりだよ」

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. センバツ入場行進曲に「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」 槙原敬之さん作詞作曲
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです