メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

上野原市長選 候補者の横顔 /山梨

 (届け出順)

 12日告示された上野原市長選は、3選を目指す現職と新人2氏が、19日の投開票日に向けて激しい選挙戦を展開している。現職の江口英雄氏(74)▽新人で元国立沼津高専教授の渡辺敦雄氏(69)▽新人で元市議の村上信行氏(67)--の横顔や政策を紹介する。【小田切敏雄】

大型案件仕上げたい 江口英雄氏 74 無現(2)

 医師でもあり、旧上野原町立病院、大月市立中央病院、富士吉田市立病院の郡内3公立病院でそれぞれ院長を務めた。2009年の市長選で前市長の後継候補を破り初当選。13年に再選を果たし、3期目に挑む。

 県立甲府一高から横浜市立大学医学部に進み、外科医となった。医師を志したのは、幼い頃は病弱だったこと…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです