琵琶湖博物館

古代湖、比較研究へ協定 マケドニアの研究所と 草津 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
協力協定を締結する県立琵琶湖博物館の篠原徹館長(左)とオフリド水生生物研究所のエリザベータ・V・サラフィロスカ所長=同研究所で、同館提供
協力協定を締結する県立琵琶湖博物館の篠原徹館長(左)とオフリド水生生物研究所のエリザベータ・V・サラフィロスカ所長=同研究所で、同館提供

 県立琵琶湖博物館(草津市下物町)は、東欧マケドニアのオフリド水生生物研究所と協力協定を結んだ。同研究所はマケドニアとアルバニアにまたがる古代湖「オフリド湖」の研究をしている。琵琶博が海外の研究機関と協力協定を締結するのは5機関目。

 ヨーロッパ最古と言われるオフリド湖は面積約358平方キロと琵琶湖の…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集