メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリー旅館

安心の宿泊 風情との両立重要 松江の旅館が改修、売り上げ1.5倍の部屋も /島根

車いす利用者も使いやすい浴槽を紹介する勝谷社長(左)=松江市千鳥町のなにわ一水で、根岸愛実撮影

 松江市千鳥町の旅館「松江しんじ湖温泉 なにわ一水」がバリアフリー化に力を入れている。障害者や高齢者が家族と旅行を楽しめるように改修などをし、改修後に売り上げが1.5倍になった客室もあるという。14日は「バリアフリー観光推進セミナー」があり、観光関係者らに館内を紹介。勝谷有史社長は「旅行は非日常を味わうもの。バリアフリー化だけだと介護施設や病院になってしまう。旅館の情緒との両立が重要だ」と話した。【根岸愛実】

 旅館は1967年の建物で、段差が多かったが、ここ10年間で段階的に改修した。障害者の社会参画を支援…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文693文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです