連載

近影遠影

毎日新聞デジタルの「近影遠影」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/87 井上光晴 本当か嘘か おもしろ話 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文藝担当の編集者の私は、作家訪問に明け暮れた。なかでも、井上光晴さんの世田谷区桜上水のお宅には足しげく通った。昭和40年代、井上さんは文藝誌の巻頭を飾る作品を次々と発表し続けていた。

 井上さんがノートに下書きした小説を、郁子夫人が200字詰め原稿用紙に清書する。それが仕上がるまでが、井上さんと私たち編集者の談笑の時間である。井上さんは丸谷才一、開高健と並ぶ「文壇三大音声(おんじょう)」で、話し方も強い口調である。

 「君、知ってる? 『第三の新人』は、俺のことだったのだぜ」

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1276文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集