連載

うみやまリレーダイアリー

徳島に来た人たちの目に、この地はどのように映っているのだろう。徳島で暮らす人たちに日々の暮らしの感想をつづってもらう。

連載一覧

うみやまリレーダイアリー

神山町に移住 古屋淳二さん(44)=編集工房主宰 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年春から近所で始まった蚤(のみ)の市も2016年末で3回目。私ら夫婦も当初から手伝っています
昨年春から近所で始まった蚤(のみ)の市も2016年末で3回目。私ら夫婦も当初から手伝っています

 <徳島で暮らしてみれば>

在所づくりに想い馳せ

 20XX年、徳島市議会は、神山町と合併し、その知名度の高さを活かすため「神山市」とする異例の法律を全会一致で可決した。

 などということは起きないだろうが、もしこうなれば「文化圏としての神山」(神山町創生戦略より)は維持できるだろうか。そもそも文化は町=行政が作るものか。

 神山町が誕生したのは約60年前のいわゆる昭和の大合併。今でも、祭りなどの行事は町全体ではなく、広野、阿川、鬼籠野、神領、下分、上分の旧村単位で行われることが多い。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文946文字)

あわせて読みたい

注目の特集