メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

失敗を成功のもとに=中村秀明

 <sui-setsu>

 「失敗は成功のもと」という。米スリーエムの付箋「ポスト・イット」はその代表例だろう。

 ある研究員が「強力な接着剤」の開発を命じられた。だが、できたのはまったくの期待はずれ。「よく、くっつくけれど、簡単にはがれる」という奇妙な性質だった。

 あきらめきれない研究員は「これを何かに使えないか」と社内で見本を配り歩く。その後、「本から滑り落ちないしおり」という用途が見いだされ、さらに「単なるしおりでなく、新しいメモ用紙」として商品化。事務用品として今や不可欠な存在になった。

 話は変わって、1962年1月の英国ロンドン。「史上最大の判断ミス」と語り継がれる事件が起きた。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです