メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学習指導要領改定案

(その2止) 中学校

教育目標を記した学習指導要領

 ◆総則

他者との協働体験重視

 「社会に開かれた教育課程」の実現のため、教育基本法の理念など社会と共有すべき考え方を総則の前文に記した。

 子どもたちに必要な資質・能力が育まれるよう、スムーズな入学や進学を見通した教科編成をする。

 他者との協働の重要性などを実感するための体験活動を充実する。

 部活動は無理のない運営体制を確保するよう留意する。

 学齢期を過ぎた人を対象にした夜間授業の課程について個々の事情に配慮するよう規定した。

この記事は有料記事です。

残り3156文字(全文3369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです