メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アレルギー

花粉症の人は要注意 果物・野菜で口にかゆみ・チクチク…

 リンゴやメロンなどの果物を食べて、口の中やのどがかゆくなった経験はないだろうか。このかゆみは、花粉症と関係が深く、花粉症患者の増加に伴い、果物や野菜のアレルギーも増えているという。症状は花粉の飛散時期に出やすく、これからの季節は注意が必要だ。【下桐実雅子】

 子どもの食物アレルギーは卵や牛乳などが多く、大人の場合は、小麦、魚やエビ、カニなどの甲殻類、果物類が多い。果物や野菜のアレルギーは花粉症の人に多く、「花粉・食物アレルギー症候群」と呼ばれる。食べ物に含まれるアレルギーを起こす物質が、花粉症を起こす花粉に含まれる原因物質と構造が似ており、体の免疫の仕組みが食べ物にも反応してしまうためだ。

 矢上晶子・藤田保健衛生大教授(総合アレルギー科)は「花粉症をきっかけに、大人になって食べ物にアレルギーを起こす人が増えている。果物や野菜で症状が出る人を調べると、ほぼ花粉のアレルギーがある」と話す。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです