メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/1 英語評価に教員苦慮 「楽しむ」とどう両立

カードを使ったゲームで楽しみながら英語を学ぶ千葉県流山市立南流山小の4年生=北山夏帆撮影(一部画像加工をしています)

 「How are you?」(元気ですか)

 「I’m fine.」(元気です)

 廊下ですれ違う子どもたちに浜崎祐子校長(58)が英語で話しかけると、子どもたちも英語で返した。文部科学省英語教育モデル校の千葉県流山(ながれやま)市立南流山小。授業以外の学校生活にも、先生たちは積極的に英語を使う。「子どもたちも自然と英語が出てくるようになった」。浜崎校長は目を細めた。

 南流山小は2014年度にモデル校指定され、全学年で担任と外国語指導助手らがペアで英語を教える。1~4年は楽しみながら英語に親しむ「外国語活動」が月1~4時間程度。動物や果物のイラストを見て英単語で答えたり、英語の歌を歌ったり。ゲームも組み込むなど工夫している。3学期のある日の授業。指導助手と一緒にラップ調の曲に合わせて「顔を洗う」「宿題をする」などの日課を英語で歌った。遊びの延長のような内容に、…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです