メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学習指導要領改定案

「固有の領土」明記 小中学校、竹島と尖閣諸島

 文部科学省が14日公表した学習指導要領の改定案には、小中学校の社会科に竹島(島根県)、尖閣諸島(沖縄県)が「我が国固有の領土」として初めて明記された。文科省は2014年1月、竹島と尖閣諸島について教科書編集の指針になる学習指導要領解説で同様の記述をしており、小中学校の社会科の全教科書で日本の領土として明記されているが、領土教育を重視する安倍政権の意向に沿う形となった。

 小学5年の社会科で領土の範囲を学ぶ際に「竹島や北方領土、尖閣諸島が我が国の固有の領土であることに触れること」と明記。中学の地理的分野では既に記載がある北方領土に加え、竹島と尖閣諸島も領土であるとし、尖閣諸島については「領土問題は存在しない」と記した。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです