メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学習指導要領改定案

「固有の領土」明記 小中学校、竹島と尖閣諸島

 文部科学省が14日公表した学習指導要領の改定案には、小中学校の社会科に竹島(島根県)、尖閣諸島(沖縄県)が「我が国固有の領土」として初めて明記された。文科省は2014年1月、竹島と尖閣諸島について教科書編集の指針になる学習指導要領解説で同様の記述をしており、小中学校の社会科の全教科書で日本の領土として明記されているが、領土教育を重視する安倍政権の意向に沿う形となった。

 小学5年の社会科で領土の範囲を学ぶ際に「竹島や北方領土、尖閣諸島が我が国の固有の領土であることに触…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. 7カ月乳児が市営住宅9階から転落死 母親を殺人容疑で逮捕 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです