メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大阪・豊中の国有地

「ごみの撤去費、地下10メートルまで」 国交省

 大阪府豊中市にある国有地の売却額を近畿財務局が一時非開示にした問題で、土地を所有していた国土交通省は14日、売却の大幅な減額要因となった地下ごみの撤去・処分費の内訳を明らかにした。

 この土地(約8770平方メートル)の鑑定額は9億5600万円だったが、国が見積もった撤去・処分費約8億円を差し引き、学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に1億3400万円で売却された。ここに4…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです