メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米政府倫理局

イバンカ製品奨励、大統領顧問は規律違反

 【ワシントン大前仁】米政府倫理局は13日、トランプ米大統領の長女イバンカさんの名前を冠したブランド品の購買を奨励したとして、コンウェー大統領顧問が公職者の倫理規定に抵触したとの見解を出した。トランプ政権ではロシア外交官と不適切な接触をしていたフリン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が辞任したばかりで、高官の問題行動が相次いでいる。

 倫理局が13日付で出した書簡は、コンウェー氏が「公的な立場でテレビ番組に出演し、イバンカさんの製品を宣伝する機会として活用した」点を取り上げ、「公的立場の悪用を禁じる規定に明確に反する」と断定。ホワイトハウスに対し、コンウェー氏の発言を調査し、懲戒処分を検討するように勧告した。この発言について、ホワイトハウスはコンウェー氏に注意を与えるにとどめていた。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです