メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳

機密大丈夫? 北ミサイルをリゾート施設で協議

 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領が11日に南部フロリダ州の会員制リゾート施設で安倍晋三首相をもてなしていた際、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。その際、対応を協議する様子を一般客が撮影した写真がソーシャルメディアに投稿された。トランプ氏はこのリゾートを「冬のホワイトハウス」と呼んでいるが、ミサイル発射をきっかけに機密保持の問題が浮上した。

 トランプ氏はフロリダ州パームビーチに所有するリゾート施設「マララーゴ」に、安倍首相とともに10日から12日まで滞在した。11日夜のワーキングディナー中にミサイル発射の一報を受け、両首脳が協議のうえ、そろって声明を発表した。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです