メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米補佐官辞任

トランプ政権打撃 対露戦略に影響 

 フリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が辞任し、トランプ大統領が就任1カ月を前に試練を迎えている。今月9日には、イスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令に「ノー」の司法判断を突き付けられたばかり。ロシアとの関係改善というトランプ氏が目指す政策への影響も否定できず、失速気味のトランプ政権にとって追い打ちとなりそうだ。【ワシントン西田進一郎、会川晴之、大前仁】

 「私は駐米ロシア大使との電話内容について、うかつにも不完全な情報をペンス副大統領らに報告してしまった」。13日深夜にホワイトハウスが発表した声明には、フリン氏の辞表が添付されていた。フリン氏が事実上、疑惑を認める形で辞任することを明らかにした形だ。

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです