メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米補佐官辞任

制裁解除、露と協議疑惑 フリン氏

 【ワシントン大前仁、三木幸治】米ホワイトハウスは13日、フリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が辞任したと発表した。フリン氏はトランプ政権発足前、駐米ロシア大使と対露制裁解除について電話で協議し、その後、政権内で虚偽の説明をした疑惑が浮上。外交・安全保障政策の司令塔である大統領補佐官が政権発足から1カ月足らずで辞任するのは極めて異例だ。対露関係の改善を目指すトランプ政権にとっては大きな打撃になる。

 フリン氏は大統領選からトランプ氏の外交アドバイザーを務め、政権移行チームの執行委副委員長を担った。10日の日米首脳会談や、米南部フロリダ州で両国首脳が週末を過ごした際も同行するなどトランプ氏の信頼が厚い幹部の一人だ。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです