メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害支援ナース

登録者数が急増 熊本地震の熊本県で

新たに災害支援ナースになる高群さん=熊本市で、中里顕撮影

 昨年4月に発生した熊本地震の被災地・熊本県で、災害時に避難者らを看護する「災害支援ナース」の登録者数が増えており、県看護協会が目標とする地震前の1.5倍の「200人超」が年度内に実現する可能性が高くなっている。14日で地震発生から10カ月となる中、熊本の増加ぶりに識者も注目している。

 災害支援ナースは、日本看護協会独自のボランティア制度で、各都道府県の協会の要請に基づいて避難所などに派遣されて被災者の看護や衛生指導に当たる。5年以上の実務経験がある看護師や保健師、助産師が、災害時の対処法や被災者の心のケアなどに関する研修を受けると、各都道府県の協会に登録される。2004年の新潟県中越地震から派遣が始まり、昨年3月末時点で全国で8412人が登録している。

 熊本地震では被災直後、最大で18万3882人が避難し、熊本県内各地の避難所が混雑した。発生から2カ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです