メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居

デビュー45年・源吾朗さん、「和の心」込め 2度のがん乗り越え、台東であす公演 /東京

17日に紙芝居公演を行う源吾朗さん=台東区千束2の空想カフェで

 国内外で活躍する紙芝居芸人、源吾朗(げんごろう)さん(66)が17日午後6時から、台東区千束2の「空想カフェ」で公演を開く。今年でデビュー45年。2度のがん手術を乗り越え、芸を磨いてきた。17日はレパートリー83作の中から「黄金バット」「丹下左膳」など3作を演じる。

 源さんは山形県天童市出身で、俳優になろうと1969年春に上京。表現の場を求めて72年から、当時の社会問題だった東京湾の環境汚染を題材にした紙芝居を、新宿の歩行者天国で始めた。

 テレビ出演がきっかけで76年、同郷のコメディアン、ケーシー高峰さんに弟子入り。入門早々、ケーシーさ…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです