メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居

デビュー45年・源吾朗さん、「和の心」込め 2度のがん乗り越え、台東であす公演 /東京

17日に紙芝居公演を行う源吾朗さん=台東区千束2の空想カフェで

 国内外で活躍する紙芝居芸人、源吾朗(げんごろう)さん(66)が17日午後6時から、台東区千束2の「空想カフェ」で公演を開く。今年でデビュー45年。2度のがん手術を乗り越え、芸を磨いてきた。17日はレパートリー83作の中から「黄金バット」「丹下左膳」など3作を演じる。

 源さんは山形県天童市出身で、俳優になろうと1969年春に上京。表現の場を求めて72年から、当時の社会問題だった東京湾の環境汚染を題材にした紙芝居を、新宿の歩行者天国で始めた。

 テレビ出演がきっかけで76年、同郷のコメディアン、ケーシー高峰さんに弟子入り。入門早々、ケーシーさ…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです