メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居

デビュー45年・源吾朗さん、「和の心」込め 2度のがん乗り越え、台東であす公演 /東京

17日に紙芝居公演を行う源吾朗さん=台東区千束2の空想カフェで

 国内外で活躍する紙芝居芸人、源吾朗(げんごろう)さん(66)が17日午後6時から、台東区千束2の「空想カフェ」で公演を開く。今年でデビュー45年。2度のがん手術を乗り越え、芸を磨いてきた。17日はレパートリー83作の中から「黄金バット」「丹下左膳」など3作を演じる。

 源さんは山形県天童市出身で、俳優になろうと1969年春に上京。表現の場を求めて72年から、当時の社会問題だった東京湾の環境汚染を題材にした紙芝居を、新宿の歩行者天国で始めた。

 テレビ出演がきっかけで76年、同郷のコメディアン、ケーシー高峰さんに弟子入り。入門早々、ケーシーさ…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文830文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  2. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  3. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
  4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
  5. 北朝鮮 威嚇のち融和 正恩氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]