メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五位塚・曽於市長

選挙公約、退職金1670万円辞退 議会提案へ /鹿児島

 曽於市の五位塚剛市長(62)は、選挙公約の市長退職金辞退のため、関連の条例改正案を17日開会の市議会に提案する。市などによると、可決されれば、首長の退職金辞退は県内初となる。7月30日の任期満了に伴う退職金から適用する。

 2017年度当初予算案を発表した13日の記者会見で説明した。条例改正案は、退職金の起算月となる退職(任期…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』関連作品がデジタルシングルTOP3を独占[オリコンランキング]

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです