金正男氏殺害

関与の疑いで女逮捕 ベトナム旅券所持 マレーシア

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
金正男氏とみられる男性=2001年
金正男氏とみられる男性=2001年

 【クアラルンプール平野光芳、ソウル大貫智子】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は15日、事件に関与した疑いでベトナム旅券を持つ女を逮捕した。地元メディアによると、警察は別の女1人と男数人の行方を追っている。また、韓国国家情報院は15日、「(北朝鮮は)5年前から暗殺を試みていた」と指摘し、女工作員2人に毒殺されたとの見方を示した。

 国情院などによると、13日午前9時(日本時間同10時)ごろ、正男氏はマカオ行きの便に搭乗するため、格安航空会社(LCC)専用ターミナルの自動チェックイン機の列にいた。そこへ女2人が近づいた直後、正男氏は航空会社カウンターの職員に体調不良を訴え、病院への搬送途中に死亡した。警察によると、女が所持していた旅券には「1988年5月31日・(ベトナム北部)ナムディン省生まれ」と記されていた。ベトナムは北…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文812文字)

あわせて読みたい

注目の特集