メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

国の財務書類=第一生命経済研究所特別顧問・松元崇

 先月末、2015年度の国の財務書類が公表された。それを見ると、国の財政が悪化の一途をたどっているのが見て取れる。企業の債務超過額にあたる資産負債差額は520・8兆円にもなっている。国の財務書類は、私が大蔵省(現財務省)主計局の法規課長だった00年に検討を始め03年から作成を始めたものだが、当時の資産負債差額は245・2兆円だった。それが、その後の12年で275・6兆円増えたのだ。国民1人当たりでいえば、借金残高が217万円増えて410万円になったということである。

 国の財務書類を作ることになったのは、時代遅れの現金主義でやっているから効率的な予算編成ができない、…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです