メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

国の財務書類=第一生命経済研究所特別顧問・松元崇

 先月末、2015年度の国の財務書類が公表された。それを見ると、国の財政が悪化の一途をたどっているのが見て取れる。企業の債務超過額にあたる資産負債差額は520・8兆円にもなっている。国の財務書類は、私が大蔵省(現財務省)主計局の法規課長だった00年に検討を始め03年から作成を始めたものだが、当時の資産負債差額は245・2兆円だった。それが、その後の12年で275・6兆円増えたのだ。国民1人当たりでいえば、借金残高が217万円増えて410万円になったということである。

 国の財務書類を作ることになったのは、時代遅れの現金主義でやっているから効率的な予算編成ができない、…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  5. 京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです