メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わる学び

学習指導要領改定/2 英語中核教員、負担重く

志村教諭(右)は休日に英会話教室に通い、スキルアップに努めたという=山梨県甲斐市で、伊澤拓也撮影

 中学、高校、大学と英語を学んだが、得意でも不得意でもなく、人並み--山梨県甲斐市立双葉東小学校、志村征俊(まさとし)教諭(48)は、自らの英語力をそう表現する。

 その志村教諭にとって、2011年度に始まった小学校の「外国語活動」の授業は手探りの連続だった。準備のため、自腹を切って休日に東京都内の英会話教室に電車で通った。ヒアリングには少し自信がもてるようになった。

 2人1組で授業を進める外国語指導助手との会話も滞りない。だが、そんな志村教諭にも、指導助手がいない…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです