メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

田辺朔郎を思う=榊原雅晴

 明治になり天皇やお公家さんが東京に引っ越してしまい沈滞感が漂う京都を復活させる大事業が琵琶湖疏水の開削だった。大津から京都まで11・1キロ(第1疏水)に運河を掘り水運を盛んにする。水力発電もいち早く導入し、1895年には日本で初めてチンチン電車を走らせた。古都は近代都市へと姿を変えてゆく。

 工事を任された田辺朔郎(さくろう)技師は工部大学校(現東大工学部)を卒業したばかりの21歳。前例のない大工事は困難を極めたが、約5年がかりで成し遂げた。レンガも自前で作り、夜は技術者の養成に当たった。いくら優秀でも、今の20代では考えられまい。責任と立場が人間を育てた…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです