米科学アカデミー

ゲノム編集で出産容認 遺伝病に限定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゲノム編集技術を使った出産のイメージ
ゲノム編集技術を使った出産のイメージ

 米科学アカデミーが14日、狙った遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術で受精卵や生殖細胞の異常を修正して子どもをもうけることを容認するとの報告書を公表した。重い遺伝性疾患に限るなどの条件付きだが、これまでは子宮に戻さない基礎研究に限るとしてきた姿勢を転換した。

 報告書によると、ゲノム編集が容認されうるのは、重い遺伝性疾患で他に治療法がない場合で、数世代にわたる影響の追跡調査を行うなどの条件を付けた。身体能力や知能の向上などを目的とするのは禁止した。現時点で具体的な計画はないが、技術の進歩が速いことか…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集