大磯名誉町民

ノーベル賞・大隅さん「重い称号」 「町に根付いたことしたい」 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大磯町の名誉町民の称号が贈られた大隅良典さん(中央)と妻万里子さん、左は中崎町長
大磯町の名誉町民の称号が贈られた大隅良典さん(中央)と妻万里子さん、左は中崎町長

 大磯町は16日、昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大栄誉教授の大隅良典さん(72)に名誉町民の称号を贈った。大隅さんは妻万里子さん(69)と一緒に出席し、「たいへん重い称号をいただいた。大磯は住み始めて8年だが、海や山など自然が残り、十分に楽しませてもらっている」とお礼を述べた。

 会場の町議会議場で中崎久雄町長は「町の歴史に新たな一ページが加わり、町にとっても大きな誇り」とあいさつ。大隅さんは「がんの研究に役立つなどの理由ではなく『どうして』という好奇心から研究を始めた。科学の面白さが人間社会を…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

あわせて読みたい

注目の特集