古民家再生

観光に アルメニアの10人が視察 笛吹 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
古民家の内装に興味を示すアルメニアの人たち=笛吹市芦川町中芦川の古民家宿LOOF澤之家で
古民家の内装に興味を示すアルメニアの人たち=笛吹市芦川町中芦川の古民家宿LOOF澤之家で

 トルコと国境を接するアルメニアから16日、中小企業を支援する団体の幹部10人が笛吹市内を訪れた。古民家を改装した宿泊施設で、伝統建築を観光振興に生かす手法について学んだ。

 国際協力機構(JICA)による事業の一環で、県内を訪問するのは4回目。古民家を生かした起業や、観光客を受け入れる手法を日本から学ぼうと今回初めて足を運んだ。

 訪問先の笛吹市では、築100年を超す民家を改装した宿泊施設「古民家宿LOOF澤之家」で、布団やいろり、掘りごたつの使い方などについて、宿のオーナーから一つずつ説明を受けた。参加者は、「いろりはどこに鍋をかけるのか」などと盛んに質問していた。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集