メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

市職員、東京五輪へ跳躍 佐伯・成迫健児さん 男子400障害歴代2位、「北京」はけがで敗退 復活へ走り込み /大分

臼杵高校陸上部の練習に参加し、ダイナミックな走りを見せる成迫さん

 陸上男子400メートル障害で日本歴代2位の記録を持ち、2008年の北京五輪に同種目日本代表として出場した佐伯市職員の成迫健児さん(32)が、20年の東京五輪を目指してトレーニングしている。世界陸上で2度の銅メダルを獲得した為末大さん(38)に勝ったこともある逸材。右脚のけがで長い低迷が続いたが、痛みが和らいだ昨春から本格的に走り込んでいる。【柳瀬成一郎】

 成迫さんは、185センチの長身を生かしたダイナミックな走りが持ち味。筑波大時代には05年の国際グラ…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです