メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

働き方、リレーで改善=ワーク・ライフバランス社長 小室淑恵

 政府の労働基準法改正への動きを受け、自社の残業を削減しなくてはと躍起になる経営者は多いが、今回はなんと他社の残業時間まで削減してしまった事例を紹介したい。

 大塚倉庫は2015年からさまざまな改革に取り組んできた。一例では事務所各フロアの最終退出者をチーム単位でイントラネットに記載させ、集計結果を周知し、社員(チーム)の「時間あたり生産性」への意識を高め残業時間削減を実現した。しかし物流業の根本は「入庫(他社)-保管(自社)-出庫(他社)」という外部企業とのリレーで業務を行うため、自社改善だけでは限界があることに気づく。

 きっかけは「朝9時から一番に荷降ろしするために、いつからトラックを止めて順番待ちしているのか?」と…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです